0463-20-4182

MAP

インプラント治療

歯を失ってしまった場合、人工の歯で補うことができます。人工の歯には、インプラント、ブリッジ、入れ歯(義歯)があります。どの人工の歯が最適化は、患者さんそれぞれの状況・状態によりますので、まずは、みなさまと相談した上で一番最適な人工の歯を選択します。

人工の歯の種類

インプラントとは?

人工の歯の種類の画像3

インプラントでは、チタン製の支柱(人口の歯根)を、顎の骨と直接結合させます。費用はかかりますが、治療後は失ってしまったご自分の歯にほぼ近い状態に仕上がります。入れ歯やブリッジのように、ずれたり歯に食べ物が挟まったりすることがなく、きちんと噛むことができるので、消化器官にも負担がかからず脳に良い刺激も与えられます。

インプラントについての詳細はこちら

ブリッジとは?

ブリッジとは?の画像3

ブリッジ治療は、歯を失った箇所が比較的少ない場合に適応となります。失った歯の部分の左右の歯を削り(橋げたになる)、そこに義歯(人口の歯)を橋をかけるように作りますので、基本的には最低、義歯3本が1セットとなります。



インプラントについての詳細はこちら

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)の画像3

比較的歯を多く失ってしまった場合に入れ歯を作ることが多かったと言えます。治療範囲によって、部分入れ歯や総入れ歯など方法が異なってきます。



入れ歯(義歯)についての詳細はこちら

それぞれのメリット・デメリットを確認してあなたにあった人工歯を選びましょう。

  インプラント
インプラント
ブリッジ
ブリッジ
入れ歯(義歯)
入れ歯(義歯)
審美
ほぼ天然歯と変わりません。
見た目をきにされる場合は、さらにハイブリッドやセラミックなどもできます。
保険ですと奥歯は銀歯になりますが、前歯はプラスチックもできます。その場合、見た目の良さはあまり期待できません。 見た目を気にされる場合は保険外ではありますが、ハイブリッドやセラミックもあります。 義歯を入れる場所によりまが、義歯は基本的には針金で、歯に引っ掛けますので、奥歯であれば見た目は良いです。 見た目をきにされる場合は保険外で、針金なしなどできます。
噛み心地 ×
自分の歯と同じような感覚で噛むことができる。 固定式なのであまり違和感がない状態で、噛む事ができます。(ただし隣の歯が健康な状態のときです。) 噛み心地が悪く、硬いものを食べにくい場合が多いです。
手入れ ×
手間はかかりません。
基本的に、歯ブラシを使用して磨きます。歯間ブラシ、フロス等を併用すると、なお良いです。
手間がかかります。
なるべく丁寧に歯磨きをして、歯とブリッジの間に、歯垢(プラーク)が溜まらないように気をつける必要があります。 ブリッジを装着するために削られた部分の歯は、エナメル質を失っているので虫歯などに非常になりやすいです。もうこれ以上歯を失わないためにも、十分なお手入れを心がけて下さい。
手間がかかります。 総義歯、部分義歯のように取り外しがきくものは、口から外して、義歯用ブラシや洗浄剤を用いて、清掃します。 取りはずした後のお口の中に、食べかす等が残って歯垢とならないように、お口の歯磨きも忘れずに行って下さい。
他の歯への負担 ×
全くありませんので、インプラントも隣のはも長持ちします。 まず、健康な歯を削る必要があります。部分義歯も、ブリッジも、隣の健康な歯を支えにするために削ったり、支える力が加わるために、ストレスやダメージを受ける上に、歯磨きが難しくなるので、 虫歯や歯周病になりやすくなるリスクが高まります。歯の健康に気を配る必要があります。また、歯が抜けた部分の歯槽骨がやせやすい です。 針金をかけた歯に負担がかかります。
また、歯が抜けた部分の歯槽骨がやせやすい です。
他の歯への負担 ×
全くありませんので、インプラントも隣のはも長持ちします。 まず、健康な歯を削る必要があります。部分義歯も、ブリッジも、隣の健康な歯を支えにするために削ったり、支える力が加わるために、ストレスやダメージを受ける上に、歯磨きが難しくなるので、 虫歯や歯周病になりやすくなるリスクが高まります。歯の健康に気を配る必要があります。また、歯が抜けた部分の歯槽骨がやせやすい です。 針金をかけた歯に負担がかかります。
また、歯が抜けた部分の歯槽骨がやせやすい です。
耐久性
一番長いです。
約10年間で95%がもっているという統計がありますが、他のものより長持ちするため、何年と言うことは難しいです。
約8年前後です。メンテナンスをしっかり受けることにより寿命を長くすることが出来ます。
(支えとなる歯の強度によって、耐久性に個人差がでます。)
約4年前後。
メンテナンスや使い方で大きく変わってきます。保険外の義歯のほうが耐久性はあがります。
治療期間
一番長いです。
約10年間で95%がもっているという統計がありますが、他のものより長持ちするため、何年と言うことは難しいです。
約8年前後です。メンテナンスをしっかり受けることにより寿命を長くすることが出来ます。
(支えとなる歯の強度によって、耐久性に個人差がでます。)
約4年前後。
メンテナンスや使い方で大きく変わってきます。保険外の義歯のほうが耐久性はあがります。
治療費用 ×
自費診療となるため、他の治療より高額です。 保険適用なら治療費が低額で済みます。 保険適用なら治療費が低額で済みます

STEP1  診断と治療計画

インプラント治療はレントゲンなどによって十分なカウンセリング、診断をした後、患者様との合意の上で治療を開始します。

STEP2 インプラント手術

局部麻酔のもと、顎の骨にチタン製のインプラントを埋入します。このインプラントが新しい歯の土台となります。

STEP3 インプラントと骨の結合期間

インプラントを埋入したあと、インプラントと骨の結合が得られるのを待ちます。
インプラントと骨がしっかりとくっつくまで3~6ヶ月間待ちます。この期間、可能であれば仮歯を入れておきます。
※インプラントがくっつくまでの期間は骨の状態など様々な条件により異なります。

STEP4 人口の歯を連結するパーツ取付

インプラントが完全に顎の肯と結合したら、インプラントに人工の歯を連結するための パーツを取り付けます。 この状態で歯肉か治癒するまで、個人差はありますが、1~6週間ほど待ちます。

STEP5 インプラントに人口の歯を取付

インプラントに被せる人口の歯を作り、取り付けます。

STEP6 インプラント完成

インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に一回は定期検診を受けてください。


インプラントシステムについての画像

診療カレンダーSCHEDULE

患者さんから寄せられた声VOICE

  • クリーニング行って参りました。相変わらずの心地よさで、ウトウトしてしまいそ…

    » 続きを読む

  • 先生もスタッフもとても丁寧に対応してくださって、安心して治療が受けられます…

    » 続きを読む

  • とても優しい先生で治療の提案をしっかりしてくれました!
    清潔で綺麗な…

    » 続きを読む

  • 今回も定期的に受けているクリーニングでお世話になりました。
    予約時に…

    » 続きを読む

  • 毎回お世話になっております。
    歯の掃除に通うことが出来るようになった…

    » 続きを読む

ブログBLOG

  • Ls | 小野瀬 規のスタイル(ナウ歯科おのせクリニック)
  • 簡単な質問に答えるだけで、あなたにぴったりの治療法が見つかります。

    こちら
  • インプラント小冊子プレゼント
  • 歯科へ行こう
  • 歯科へ行こうの口コミ
  • 24時間パソコンから予約

診療科目MENU

0463-20-4182

MAP

診療時間

メニュー