0463-20-4182

MAP

インプラント・義歯

当院では、インプラント手術に『ピエゾサージェリー』を使用しています!

当院では、インプラント手術に『ピエゾサージェリー』を使用しています!の画像2

ピエゾサージェリーとは、インプラントなどの歯科手術に使用する機械です。

3次元超音波振動によって硬い組織(歯や骨)を削ります。今まで不可能とされていた手術も可能にした画期的な機械なのです。

よくインプラント手術に用いられるドリルの場合、骨や歯の周囲にあるやわらかい組織(歯ぐきや粘膜など)を巻き込んだりしてやわらかい組織を傷つける可能性があり、非常に危険なリスクを伴いました。

(インプラント埋入、その他の口腔外科的手術時には、『卵の薄皮』ほどの薄さしかない粘膜に触れなければならない場合もあります。)

しかし、【軟組織を傷つけない安全機構】をもつピエゾサージェリーではやわらかい組織(歯ぐきや粘膜など)を傷つける事を最小限におさえ、インプラント手術ができます。

当院では、インプラント手術に『ピエゾサージェリー』を使用しています!の画像4

インプラント

インプラント(Implant)とは、植え付けるという意味です。

歯科でのインプラント治療とは、一般的には人工歯根治療のことを言います。歯が抜けた時、代わりに自分の歯に近い人工の歯を"植立"することで、自分の歯に最も近い感覚で、食事や見た目などの日常生活において自分の歯を取り戻したように生活する事ができます。

インプラントにるす最大のメリットは天然歯に近い噛み心地を取り戻すことができます。また、「見た目がきれい」「周りの歯を傷つけない」「人工の歯が骨と結合し、違和感がない」などのメリットがあります。 インプラントの種類により、手術が1回の場合と2回の場合がありますが、回復がとても早いです。 近年では技術の進歩とともに安全で効果の高い治療法として認知されてきています。

こんな方におススメです。

■抜けてしまった歯(失った歯)がきになる。
■ブリッジ、入れ歯を使っているがよく噛めない
■入れ歯のキラッと光る金属のバネが気になる。
■入れ歯の大きな歯茎の部分に違和感を感じる。
■顔が老けて見える。
■口臭が気になる。

インプラントの画像4

前歯の場合

前歯の場合の画像2

左の症例写真は、前歯が一本なくなってしまった患者さんの写真です。周りの歯を犠牲にすることなく、インプラントにより自然で美しい歯を取り戻すことができました。

奥歯の場合

奥歯の場合の画像2

永年入れ歯を使用していた患者さんが、インプラント治療を選択し取り外さなくても良い、良くかめる歯を得た症例です。大きな歯茎部分が金属のバネで固定する入れ歯とは異なりガタツキもなく口の中がスッキリと広くなったと大満足されていました。

インプラントシステムについて

信頼と実績の高いノーベルバイオアのインプラントシステムを導入しています。1965年にスウェーデン人のProfessor P.I. Branemark (ブローネマルク教授)により、世界で初めて骨と結合するインプラントが歯科医療に臨床応用されてから、40年以上が経ちました。加えてブローネマルク教授が発見した、骨に結合する歯科インプラントを世界で初めて展開した近代インプラントシステムのパイオニアです。
インプラントシステムについての画像

インプラントシステムについての画像

義歯・入れ歯

一口に義歯(入れ歯)といっても、様々なタイプのものがあります。
・隣の歯に、支えにするバネや留め金を掛ける義歯、
・複数の歯の上から、冠のように被せる義歯、
・歯だけでなく、歯ぐきに見える部分(床)まで作られている義歯
など。

抜けた歯の本数や、状態などから適したタイプの義歯が選択されています。まずは、どの義歯(入れ歯)にするかをじっくりと話し合いをさせていただき、みなさまのご要望合致する義歯をご提案いたします。

義歯・入れ歯の画像4

磁性アタッチメント

残っている"数本の歯"と装着する"入れ歯"に専用の磁石を取り付け入れ歯を安定させる方法です。

・磁石の力を利用するので入れ歯がガタつかない。
・様々な入れ歯に適応できる。

磁性アタッチメント2の画像2

こちらの患者さんは保険の入れ歯では"ガタガタ"して噛みづらくおいしく物が食べられないとお悩みでした。前歯3本のはの根っこに特殊な磁石を取り付け入れ歯の"ガタつき"を解消されました。
費用的にもお手ごろでこんなによく噛める入れ歯ができてよかったです。と大変満足されていました。

磁性アタッチメント2の画像4

ノンクラスプ

今までの入れ歯とは異なり、金属のバネがありません。装着感も良く入れ歯とは気づかれないくらい審美性にも優れています。
・磁石の力を利用するので入れ歯がガタつかない。
・様々な入れ歯に適応できる。

ノンクラスプ2の画像2

こちらの患者さんさは入れ歯を固定する"金属のバネが気になる"と来院されました。
ノンスクラプデンチャーにより、みごとに解消されていますね。右側の装着後の写真を見ても入れ歯が入っているとはわからないくらい自然ですね。
また素材に柔軟性がありますので装着感も優れています。

ノンクラスプ2の画像4

ミリングパーシャル

残っている"数本の歯"と装着する"入れ歯"の両方に特殊な仕掛けを施し、その維持力で入れ歯を安定させる方法です。
・入れ歯が"がたつき"よく噛めない
・金属のバネがきになっている。 
・舌ざわりが悪い

ミリングパーシャル2の画像2

こちらの患者さんは永年にわたり保険適応の入れ歯を使用されていましたが、やはり"物がおいしく食べられない"という悩みを持たれ来院されました。よく噛める入れ歯にする方法は数種類ありますが、こちらの患者さんはミリングパーシャルを選択されました。
"もっと早くに治療してもらえばよかった...これで歯の悩みが解消されました。"と大変満足されていました。

ミリングパーシャル2の画像4

金属床

保険適応の入れ歯に比べ、装着感、噛みごこち、すべての面で優れています。

・歯茎にピッタリ吸着します。
・温かいものは温かく、冷たい物は冷たく、食べ物を美味しく頂けます。

金属床2の画像2

こちらの患者さんは永年にわたり保険適応の入れ歯を使用されていましたが、保険外の入れ歯に変えられ、"口の中がスッキリ広くなったし物を噛んだ時のガタつきもなくなり、美味しく食べられるようになりました"と大変喜ばれていました。

金属床2の画像4

コーヌスクローネ

残っている数本の歯を利用し、茶筒の要領で入れ歯を安定させる方法です。

・入れ歯が"がたつき"よく噛めない
・金属のバネがきになっている。 
・舌ざわりが悪い

コーヌスクローネ2の画像2

小さな入れ歯ですが、口の中で安定せず"ガタガタ"動き、物がよく噛めないと来院された患者さんの症例です。
入れ歯を安定させる方法は数種類ありますが相談の結果こちらの患者さんは、茶筒の要領を利用するコーヌスデンチャーを選択されました。"入れ歯とは思えないほどよく噛める"と大変満足されていました。

コーヌスクローネ2の画像4

レジン床(保険の入れ歯)

皆様ご存知の保険適応の代表的な入れ歯です。保険適応で認められている材料に限りがあることで、完成度が低下してしまいます。
・装着するだけで痛い
・物を噛むと左右に"ガタつき"歯茎が痛い。
・美味しく食べる事をあきらめている。

レジン床(保険の入れ歯)2の画像2

保険適応の総入れ歯です。保険の入れ歯でもまれに"よく噛めます"といわれる患者さんもおられますが、使用する材料の問題で歯茎にぴったりあう入れ歯を作ることは今現在の保険制度ではなかなか至難の技です。

レジン床(保険の入れ歯)2の画像4

診療カレンダーSCHEDULE

患者さんから寄せられた声VOICE

  • クリーニング行って参りました。相変わらずの心地よさで、ウトウトしてしまいそ…

    » 続きを読む

  • 先生もスタッフもとても丁寧に対応してくださって、安心して治療が受けられます…

    » 続きを読む

  • とても優しい先生で治療の提案をしっかりしてくれました!
    清潔で綺麗な…

    » 続きを読む

  • 今回も定期的に受けているクリーニングでお世話になりました。
    予約時に…

    » 続きを読む

  • 毎回お世話になっております。
    歯の掃除に通うことが出来るようになった…

    » 続きを読む

ブログBLOG

  • 簡単な質問に答えるだけで、あなたにぴったりの治療法が見つかります。

    こちら
  • インプラント小冊子プレゼント
  • 歯科へ行こう
  • 歯科へ行こうの口コミ
  • 24時間パソコンから予約

診療科目MENU

0463-20-4182

MAP

診療時間

メニュー